AX マニュアルを超える人材は街中にいるかも…:自堕落日記

自堕落日記 > ビジネス アレコレ > マニュアルを超える人材は街中にいるかも…

アフィリエイトノウハウはたくさんあるけど、購入者の状況により
進化していくノウハウなんて今まで無かった

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カポマスター
ギターのコード変換が楽々できるスグレもの!
コード変換・アンサンブルコード探し・音を下げたコード探しができる!
自堕落日記の管理人「タコ」が作ったギターの便利グッズです! 応援ヨロシクです〜!!(^v^)v

ビジネス アレコレ

マニュアルを超える人材は街中にいるかも…

マニュアルって言うと何を思い出すかと言ったら、コンビニやファーストフードですね。
これらの店のマニュアルって、最近よく言われている顧客満足度って言うのと違うように思うのです。
お客様に満足を与えるのじゃなくて、お客様に不快感を与えない最低限のルールじゃないでしょうかね?

コンビニやファーストフードのマニュアルをネタにした歌やコントが多くあるように、少々不自然であっても日々入れ替わるアルバイトさんが即戦力として接客ができるようにしたものなんですよね。

だから最低限の接客としてはアルバイトさんたちはほぼ同じラインにたっていますが、マニュアルにないイレギュラーなことに対応するためには個人的な資質が問われます。

私が前に試してみたのが、ハンバーガーを注文した時に名札を見て「○○さんかわいいね〜」って言ってみるのです。
その時にお客様に失礼がないように上手く返答できる人は、私としては良い人材のように思ってました。

だから、販売のスタッフを探すときには、他店で働くこの人はどうかな?と思った人にイレギュラーな質問をしてその対応を見る等イロイロ試しながら出来る人材を探すってのが結構効果的じゃないかと思います。
そして、合格した人を引き抜く…
一生懸命に面接するより、引き抜くことを考えた方がいいですね(^^;)

アルバイトさんは、本当にその店でアルバイトをしたいって言うよりも、ステップアップをしたいが今はとりあえず日々の暮らしのためにって思っている人の方が多いんじゃないかなと思うから引き抜けるんじゃないかなって…
もちろん、そこの自給よりもアップさせるし、正社員の道や店長の道も開いてあげることが必要だとは思いますけどね。

昔から「企業は人なり」って武田信玄さんの言葉をもじって言われますが、人材って簡単には見抜けないと思うので履歴書を眺めて構えてくる面接の人から選んでちゃダメなんじゃないですかね??

堀エモンが注目されてた時、自社のスタッフについて「学歴はまったく関係ないです、出来る人を抜擢している」と言ってました。実際に役員の中に中卒の人がいたように記憶してますが…
その時堀エモンって凄い人だなって感心しました。

これからは、本当に人材確保の時代だから新卒探しでアタフタするよりも、店や出入り業者等々から引き抜くくらいのことを考えた方が自社のために有益な人材を得ることができるんじゃないですかね??
豊臣秀吉を見抜いた織田信長のように…


<<将棋の感想戦に見る相談の仕方、受け方。 | 自堕落日記トップへ | 危険箇所がいっぱい!よくホームから落ちないな〜!!>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]

この記事へのトラックバック