AX 潮干狩りの季節がきそうです。:自堕落日記

自堕落日記 > チマタの戯言 > 潮干狩りの季節がきそうです。

アフィリエイトノウハウはたくさんあるけど、購入者の状況により
進化していくノウハウなんて今まで無かった

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カポマスター
ギターのコード変換が楽々できるスグレもの!
コード変換・アンサンブルコード探し・音を下げたコード探しができる!
自堕落日記の管理人「タコ」が作ったギターの便利グッズです! 応援ヨロシクです〜!!(^v^)v

チマタの戯言

潮干狩りの季節がきそうです。

家の前で潮干狩りができます。
しかし、水があまりきれいじゃないってことで、中々行くことはありませんね〜。

天気がいいとおじさんが、バイクに乗ってきて獲っているようです。

5月になるともっと下流の河口付近にも人が沢山来てからに、数少ないアサリをアサッテますが、私の家の付近の方が獲れるんじゃないかと私は思ってます。

知人が、腰くらいまで海に入ってメッシュのチリトリの親玉みたいなのでゴソッとやればかなり獲れるよって言ってましたが、そのメッシュのチリトリの親分は5万円くらいするとか言ってたのでパスしました…

5万円出せばどれほどアサリを買って食えるってことか…(^^;)

獲っている人によっては、業者さんのような感じの方もいまして、獲ったアサリを売るのかな〜と思うとともに、家の前で獲ったアサリを私が店で買って食うってことがあるのかもと思う次第です。

だったら、自分で獲って食った方がええよね〜(^^;)


ソイレント・グリーンでも知らなきゃ、旨い、旨いって食うんでしょうから、「知らぬが仏」ってコト名がピッタリですね〜
そうそう、昔の映画「ソイレント・グリーン」ってのが知らぬが仏って感じのものでしたね(^^;)
先日亡くなられたチャールトン・ヘストンさんの主演作で、かなり話題になったのですが、この映画のようなことがアリか?ナシか?

なんか話がいつものようにずれてきました(;^_^A



河口付近に行けば、アサリ以外にもシャコも獲れます。
スコップでドッサリ掘ればシャコが居るのですが、どれも小さくて食えない感じですがね。
釣りの餌にするにはいいかもですね…

昔は、竹筒にウナギも入っていたりしましたが、最近は全然見ないですね〜
そうそう、イソギンチャクも見なくなった…

埋め立てや川の水の汚染で環境が変化して住めなくなったのでしょうね。

しかし、カニだけはいっぱいいます。
環境への適応能力の差なんでしょうね…(;^_^A

私たちも、環境に適応していかなきゃ、生きていけない種ですけどね。


<<なま音倶楽部のことをHPに… | 自堕落日記トップへ | 右脳から左脳への移行で職人に!?>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]

この記事へのトラックバック

  • 地球最後の男 オメガマン
  • 地球最後の男 オメガマン (1971) 1975年、中ソ戦争での細菌兵器が全世界を殲滅状態に追い込む中、米国LA在住の細菌学の権威ロバート・ネヴィルは、開発中の血清によって命辛々生き延びるが..
  • 2010-02-14 21:48
  • 365日映画生活坊主