AX ビジネス アレコレ:自堕落日記
アフィリエイトノウハウはたくさんあるけど、購入者の状況により
進化していくノウハウなんて今まで無かった

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カポマスター
ギターのコード変換が楽々できるスグレもの!
コード変換・アンサンブルコード探し・音を下げたコード探しができる!
自堕落日記の管理人「タコ」が作ったギターの便利グッズです! 応援ヨロシクです〜!!(^v^)v

ビジネス アレコレ

宅ファイル便は重宝します〜(^o^)v


宅ファイル便って、大きな資料を送ることができるHPがあります。
ご存知ない方も多いのかなって思ってちょいとご紹介!!
他にも色々あるようなのですが、私は知らないのでこれを使っています。

宅ファイル便を使えば、1度に50MBまでアップできるので、ちょっとしたデーターならほとんどOKってところでしょうか。

これは、メールではなくてネット上にアップロードして、送りたい相手にメールで通知します。
受け取った方は、そのファイルをダウンロードすればOKってことですね。
50MBより大きかったり、ファイル数が多いときにはフォルダにまとめていれて圧縮して送ればいいのですね!!(^o^)v

これを知らなかった時は、作成したデータが大きいと幾つにも分けて結構時間をかけて送ってました。
でも相手のメールの許容範囲によっては、それすらも上手くいかなくて苦労をしてたのです。
それで、お客さんから教えてもらったのが「宅ファイル便」なんです。

メールの許容範囲は関係ないし、相手が開封したかどうかってのもわかるってことで、仕事に遊びにエエ感じで使ってます〜(^o^)v


なんか世の中ずいぶん便利になりましたね。
ネットのスピードがアップしたことで、少々のデータであればスイスイいきまからね。


もし使われていない方がいらっしゃいましたら、ぜひ使ってみるといいですよ!
ダウンロードは、相手の都合に合わせてダウンロードできますから、メールで沢山の写真を送って相手に迷惑かな??ってな心配がないし、練習を録音したりしたmp3のデータを送りたいって場合にも便利ですね。

「mp3」のデータって、もう圧縮されているから、圧縮してもほとんどサイズが変わらないんですね〜。
最近知ったです(^^;


たまには役に立つ?情報を!(^o^)v

ビジネス アレコレ

自動販売機の話


日本には、無数と言っていいほど自動販売機がありますね〜
でも外国には屋外の自動販売機はほとんど?ないですね。

これも、日本の治安が良いってことによるものだと思うのですね。
外国人窃盗団の目に「道路にお金が置かれている」「屋外に金庫がある」と思われているって話もあるようですけど、日本でそんなこと思っている人って稀有ではないですかね??(;^_^A

さてさて、ジュースの自動販売機ってのを家の前にも置いてありますが、結構儲かっているんじゃないかって思っている人も少なくないかもですね。
昨日も知人が、自動販売機儲かるの?
ってな電話をくれました…

ズバリ!儲かってないですよね〜
自動販売機って月間の電気代が結構かかるので、それを引くと○千円くらいだと話すと、「そんなもんですか〜」ってな反応(;^_^A

月に1台1万円でも利益がでるのかなって思ってたようで、ちょっと残念がっていました(^^;)

良く売っている自動販売機は、タバコの自動販売機と並んで置いてあるモノだったようですが、最近は「タスポ」になってタバコの自動販売機はほとんど売れなくなったようですね。
だから、タバコメーカーがタバコの自動販売機の撤去が進んでいるようです。
自分で自動販売機を買っている方も多いようで、オークションにもタバコの自動販売機が出てたりしますね…

タバコの購入に「タスポ」が必要になってからは、コンビニだけが調子が良いんじゃないですかね???


ジュースの自動販売機等、自動販売機を置いてくれってくる営業マンさんと話してみると、近くに自販機がないとか、見通しが良い、車がちょっと止めやすい等、当然のごとく他で成功している設置場所のパターンで探しているようですね。

それで良いような、物足りないような…(^^;)


何につけても、周りから見るほど美味しい話はないってことですかね(^^;)


もしかすると、あまり見えないコトの方が儲かるかもって考える方が正しいかもですよ!

ビジネス アレコレ

一期一会


「一期一会」良く聞くことばですね。
一期一会(《「山上宗二記」の中の「一期に一度の会」から》茶の湯で、茶会は毎回、一生に一度だという思いをこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行うべきことを説いた語。転じて、一生に一度しかない出会い。一生に一度かぎりであること。yahoo辞書より)

一期一会って、一度きりの出会い。

見方によっては、一度きりの出会いというのはとても寂しいと感じます。
でも、一度でも出会えたことに喜びを見出せば、とても幸せなことです。

私は、後者の見方をしたいって思います。
人は多くの人と出合いながら生きていきますが、長くお付き合いをする方って結構少ないですよね。
年賀状のやりとり、時々の電話、世間話だけのお付き合いで終わってしまうことの方が多いのです。

それは、寂しいコトではありますが、会えないよりは遥かに大きな幸せであると思うのです。

なま音倶楽部ってアコギのライブを毎月開催していますが、一度きりの方は正直少なくないですね。
でも、一度きりの方でも確実に一度は同じ時間を共有したワケですから、合わなかったよりも良いことです。

出会ったことで、お互いが何らかの影響を受けるわけですから、人生の糧となるのではないですかね???
どうやっても未熟なのが人ですから、ビジネスを離れて、お互いの素性も気にせずに触れ合うことはとても大切ではないでしょうか?

なま音倶楽部である方から、こうして普段の生活を全く違った世界に身をおくことができるのはとても幸せだと言われました。
参加いただいている方の中には、時代の影響を受けている方も、何かの悩みを持っている方もいらっしゃる可能性がありますが、ここでこうして楽しんでいることは、とても貴重な時間だと言ってもらいました。


そう言ってもらうだけで、やってて良かったって思いましたね。

元々、人に迷惑をかけながら生きてきた私でも、誰かの役に立てるコトをやっていると思えば、多少の苦労も吹っ飛んでしまいます。
まぁ、その程度の苦労なんでしょうけどね(;^_^A

正直、「なま音倶楽部」は、何かの思惑があって始めたことでもないし、何かの使命をもって続けているわけでもない…
ただ、ただ、毎月1回やるって決まっているからやっているだけだったのですが、楽しみにしてもらえるようになってからは、やらなきゃって使命感ってのが生まれてきているのは確かです。

皆さんの笑顔が「なま音倶楽部」継続のモチベーションになっているわけです(^^)

カッコよい言い方ですが、ホントそれだけでやっているって自分で感じています。
その辺り、前から幾度となくこのブログに書いているように、習慣化することが自分を動かす手段の私にとってはとても重要な要素なんです。

一期一会。

一度でも会えたことに喜びをもっていいってのを、再認識した今回の「なま音倶楽部」でした。

ビジネス アレコレ

「松坂牛」中国で商標登録申請「松阪牛」と一字違い


中国や台湾での商標の争奪戦が加熱しているようですね。
日本の製品は品質に信用があるので、日本名の製品、日本の地名を先に商標を取る動きがあるようです。

基本的には、日本の地名では商標は取れないはずなのですが、「讃岐うどん」の讃岐は台湾で取られたようですね。

商標を先に取られるとどうなるのか??
以前、日本でも「瀬戸大橋」という名を個人が商標登録をしてしまって話題になりましたが、商標を登録された区分の商品によっては使用するには契約をして使用料を払わなきゃいけませんね。
また「使用させない」ってことも言えるのです。
ちょうど、空き地と同じように使わせてもらうには「賃貸料」が発生するし「使わせない」とも言われることがあるってことですかね?
だから日本企業にとっても大変な問題のようです。

その上、中国商標を管理している国も対応が追いついていないようで、似た漢字を当てた「大阪」がダメなら「大坂」のようなものが登録されようとしたりしているようですね…
これは商標登録が意味をなさないってことになりそうですね…


漢字圏の商標問題は、日本も漢字を使っているので中国でも取りやすいってこともあるんじゃないでしょうかね??
「讃岐」は讃岐と書けば良いし、「青森」は青森ですからね。

しかし、カタカナやひらがな表記の商品名のモノは、漢字で当て字にしないといけないので中国商標を取るのは難しいと思いますよ。
例えば「パソコン」「プリクラ」等々、を漢字で表すには??
当て字ですから、当て字を考える人によって違ってくると思うので実際には商標を取るのは無駄になる可能性が高いように思いますね。
ただ、サービスマークのような感じで取れればそれもありかもですけどね…どうなんでしょうかね???


日本企業は、この辺りの対応が後手にまわることが多々あるので、海外に出す出さないは別として、中国、台湾では商標を取ることを検討しておくべきではないでしょうかね??

「紅葉饅頭」なんてのも取っておく方がいい??(^^;)


ビジネス アレコレ

マニュアルを超える人材は街中にいるかも…

マニュアルって言うと何を思い出すかと言ったら、コンビニやファーストフードですね。
これらの店のマニュアルって、最近よく言われている顧客満足度って言うのと違うように思うのです。
お客様に満足を与えるのじゃなくて、お客様に不快感を与えない最低限のルールじゃないでしょうかね?

コンビニやファーストフードのマニュアルをネタにした歌やコントが多くあるように、少々不自然であっても日々入れ替わるアルバイトさんが即戦力として接客ができるようにしたものなんですよね。

だから最低限の接客としてはアルバイトさんたちはほぼ同じラインにたっていますが、マニュアルにないイレギュラーなことに対応するためには個人的な資質が問われます。

私が前に試してみたのが、ハンバーガーを注文した時に名札を見て「○○さんかわいいね〜」って言ってみるのです。
その時にお客様に失礼がないように上手く返答できる人は、私としては良い人材のように思ってました。

だから、販売のスタッフを探すときには、他店で働くこの人はどうかな?と思った人にイレギュラーな質問をしてその対応を見る等イロイロ試しながら出来る人材を探すってのが結構効果的じゃないかと思います。
そして、合格した人を引き抜く…
一生懸命に面接するより、引き抜くことを考えた方がいいですね(^^;)

アルバイトさんは、本当にその店でアルバイトをしたいって言うよりも、ステップアップをしたいが今はとりあえず日々の暮らしのためにって思っている人の方が多いんじゃないかなと思うから引き抜けるんじゃないかなって…
もちろん、そこの自給よりもアップさせるし、正社員の道や店長の道も開いてあげることが必要だとは思いますけどね。

昔から「企業は人なり」って武田信玄さんの言葉をもじって言われますが、人材って簡単には見抜けないと思うので履歴書を眺めて構えてくる面接の人から選んでちゃダメなんじゃないですかね??

堀エモンが注目されてた時、自社のスタッフについて「学歴はまったく関係ないです、出来る人を抜擢している」と言ってました。実際に役員の中に中卒の人がいたように記憶してますが…
その時堀エモンって凄い人だなって感心しました。

これからは、本当に人材確保の時代だから新卒探しでアタフタするよりも、店や出入り業者等々から引き抜くくらいのことを考えた方が自社のために有益な人材を得ることができるんじゃないですかね??
豊臣秀吉を見抜いた織田信長のように…


ビジネス アレコレ

ギターのソムリエみたいなのってダメかな??


インターネットの発達で買い物もネットでできる世の中になってきて、買い物についても地域格差が減ってきたような気がしますね〜!
地方には売っていないアレやコレもネットで注文するとどこからでも購入ですます。
とても便利な世の中ですね〜ホンマ!

でも便利が当たり前になるともっと便利さを求めるようになります。

大量生産品や嗜好部分が大きく影響しない製品であれば、安く買えるとか地元で売っていないものとして買えますが、ギターのように嗜好性や製品の一つ一つによって個性のあるモノについてはネットではなんとも購入するのが難しいですね。

同じメーカーであってもそのギターによって音質等が違ってくるわけですからね…
こんなんはギターだけじゃない一杯あると思いますが…

そこで、製品選びのプロって出てこないですかね?
ギターを例とすれば、○○メーカーの○○品番の音質が好きとか、CDの中でこんな音が出せるギターを探しているとか…
それを受けてよさげなギターを試奏してもらって、選んでもらうってもんです。
言えば、ギターのソムリエってコトですね。

本当のギター好きで音にこだわる方には向かないでしょうが、私のようにギター選びの際に店の方のアドバイスに大きく影響されるモノには良いように思うのですが…

実際に試奏してもギターの良し悪しの判断ができなくて、信頼できる店の方に勧められるのを購入してしまうとか影響を受ける方って少なくないのではないでしょうか??

ブランド品でも、宝石でも同じようなことが言えると思うのですが…

こちらの嗜好性については、メールや写真、電話でのやり取りである程度伝えることができるとおもうのですが…

新しい仕事になりそうな気がしますが…ダメ??(^^;)


ビジネス アレコレ

整理整頓はできるビジネスマンの基本!



机の上が整理整頓されてる人は仕事ができる人だと言われますが、私の机の上はぐちゃぐちゃです(;^_^A
テレビで偉い人がインタビューを受けてる周りが整理整頓されていないと、なんか整理整頓と仕事の出来る、出来ないとの関係が薄いのかなと安堵感を覚えるのは私だけでしょうか??

整理整頓が苦手って言うのは、イロイロ気になってしまうことにあるように思ってます。
一つの仕事をしっかりやればいいのでしょうが、アレコレと気が付いてしまうと資料を引っ張り出して見てそのまま机の上に…
そして元の仕事に戻るってことをやってるから、ダメだと言うのはわかるんですね…(^^;)

おまけにMACに続いてWINも机の上に置いてしまったてWINに仕事をさせながら、MACをいじっているのでこれまた片付かないことに拍車をかけてるのです…

2つのパソコンを操っているようなイメージがありますが、そんな立派な状態ではありません…Σ( ̄ロ ̄lll)

 

私は、結構マニュアル本好きなんですが、このたぐいの本って興味がないんですよね(^^;)
こんなんで勉強すればいいんだろうけどね〜!


ただ、整理整頓されているって程ではないのですが、パソコンの中身はまぁまぁ整理されていると思っているんですね。
かなりの量の仕事関連の企画書や印刷原稿、写真、ビデオ等々が入ってまして、おまけに個人的なヤツらも結構入ってますが。
あの資料を探すってことになると意外に簡単に引っ張り出せるのです。
そして作成日順に並んでいるので類似書類もおよその区別がつくんですよ(^v^)v

まぁ、他の人のパソコンを見た事がないからなんとも言えませんが、他の人が自分のパソコンの中身はおよそ把握しているよって言われれば、大したことではないですね〜┐(-。ー;)┌

机の上でよく迷子になるヤツは本やプリントの紙の下に隠れてしまう電卓です…
もう少し、片付けよう!!!!といつものように思ってます(;^_^A



ビジネス アレコレ

最先端ビジネスが盛況の時は出遅れの人たちを狙う!


最近、何でも先へ先へと急激に変化している情報社会ですね。
例えば、一つのサービスを入手しようと思うと、サービスが多様化していて何がなんだかわからないってのは、私のようなオヤジだけじゃないのでは??

ネットでのイロイロなサービスが氾濫してくると、最先端に飛びつく若者をターゲットにした新たなサービスが生まれてきます。
それは、ネット上での競合他社に負けないためのサービス合戦になるってことですね。

ネット上の変化は、システムの構築からHPの更新ですぐに世界の反映できるので、以前のように告知からサービスの認知期間を必要としないってことになってるようですね。
でも、こんなに早く物事が変化しながら進んで行けば、取り残される人たちが沢山でてきてしまい、情報が結局上手の手から漏れてしまうってことになりそうですね。

だから、いかに漏れてく顧客をすくい取りながら、他社に負けないスピードを持つかってことになりますが中々上手くいかないですよね(;^_^A
それは、企業が肥大化してしまったら、足並みの揃わないシステムを引っ張っていくとどうしても最先端部分に遅れがでてしまうからかと思うのですね。

そこで、このこぼれた顧客を上手くすくい取る企業が生まれてくるのではないかと思うのです。
現在の位置から半歩から1歩遅れたところを足場にしたベンチャー企業は、結構儲かると思いますよ〜!!
上手くすれば、最先端企業の足跡を支えるってことで重宝されるかも知れませんね(^^)

また、テレビで素人を扱ったバライティが増えてますが、これってネットで言えばコンテンツ不足を素人からの情報で埋めようとするってことに通じるから、いかに素人から情報を集められるかってのが大切になります。
しかし、素人の情報自体はバラツキのあったり、信頼できる情報か否かが問題となる諸刃の刃的な情報なので、情報の品質管理が大切になるでしょうね。

こうして考えると、以外に身近にチャンスがあるかも知れませんね〜
わかってるなら自分でやれって??
ハハハハハ出来ね〜ヨ!Σ( ̄ロ ̄lll)

ビジネス アレコレ

MADE in JAPANはどこに行く??


先日中国人観光客が、ニッポン土産として秋葉原でニッポン製のヘッドホンを探し回ったが「中国製」しかなかったとがっかりしてる映像がテレビで流れてました(^^;)

笑い話のようなホントの話なんですね…

もしかすると昭和30〜40年代には、ニッポン人がアメリカで買い物しようとして味わったコトかも知れませんね。

しかし、ニッポンと中国では一つ大きく違う所がありますね。
それは、完全な中国製は、中国人自体が信じていないっていう粗悪品と評されるレベルの製品と、改善と試行錯誤を繰り返して確実にレベルアップしていったニッポン製との品質ですね。

中国製とは書いてあっても、ニッポンメーカーのニッポン人技術者が管理して作られた製品は信頼に値しますよね。

ニッポン人のモノ作りの能力は、江戸時代にはかなり鍛えられたようで、明治になって欧米の機械が入ってきた時、欧米人は「ニッポン人はすぐにモノマネして作ってしまう」と怒ったようですが、ニッポン政府に先生として招かれたドイツ人技術者が「ニッポン人はモノマネではなく、元の機械よりも良いモノを作っている」とニッポン人のモノづくりの能力を高く評価していたそうですね。

これは、島国という資源も土地もない国だからこそ、創意工夫が求められた結果じゃないかと私は勝手に思っています。(;^_^A

でもね、モノづくりニッポンが危機に面しているようですよ。
モノづくりを支えてきた団塊の世代が一線から離れるってことなんですね。
それに、コツコツと積み上げる仕事を敬遠する若者たちが増えていることですね。

ニッポン企業が、コツコツと積み上げた人の能力評価が低いってのも大きな問題だと思いますね。

一人の天才を多くのスタッフが支えるって構造が当たり前のようにできれば、これからのニッポンは大きく変わってくるんでしょうがね(^^;)

ビジネス アレコレ

会社は能力が発揮できない地位まで登れる(^^;)



昨日の続きっぽいですが、思いついたので…(;^_^A

タイトルの言葉は、実際に聞いたのは「会社は人をダメにする」って感じの言葉だったような…
誰が言ってたか覚えてないけどとても納得したんですね〜


その内容は、人は会社に入社して成果を上げれば出世していきます。
そして、そのポジションでの能力を発揮できなくなった時点で出世が止まるのです。

ってことは、その人の能力が発揮されるのは、登りつめた地位じゃないんですね。かと言って、登りつめた地位から能力を発揮できる地位まで落とすわけにはいかないので、人は能力が発揮できない地位のまま時を過ごすことになるんですね┐(-。ー;)┌


ナゼこんなことになるんでしょうか?

それは、自分自身が自分の適性を判断していないからではないでしょうか?

よくトップセールスマンが、出世を拒否して最後までセールスマンとして働いたという話を聞きますが、この人たちは自分自身がどのポジションで最も能力を発揮できるか知っているんでしょうね。

働く人たちは自分のポジショニングを客観的に把握することが大切じゃないですかね?
そうしておけば、自分にとって何を身に着けなくてはいけないか、出世よりも大切なモノが見えてくるかもですね。そうして、会社の頼りきった人生からいつでも脱却できるようにしたいもんですね。

仕事を詰め込まれて続けて鬱になるなんて、会社の選択からすでに人生設計間違ってますよね??

求職をされている方たちも、自分の売り込みポイントが明確じゃないと高く売れないと思いますが…

いずれにしても、自分自身を客観的に見ながら自分のポジショニングを把握しておくのは重要ですね!!


ビジネス アレコレ

企業家は、人の振り見て我が振り直せって感じですね〜



最近、製造者責任が厳しくなってきて、製造会社も大変なリスクを負うことになってきましたが、企業の再構築(リストラクチャリング)って必要じゃないですかね?

どこかの同業企業が生贄になった後にコソコソ対応するっていうのはどうもおかしいよね(^^;)
大手も一つのミスで本体が揺らぐ時代なんで、かなりしっかりとした見直しが求められそうですね。

問題は中小企業ですね。
中小企業の場合、ミートホープのように儲けるだけ儲けて問題が発生したら会社を閉じるってことができるんだよね。
儲けてなきゃ、賠償金すら払えない状態でしょうから結構大変ですよね。


昔、猫を電子レンジに入れて乾かして猫が死んだ!
それで訴訟を起こしたってアメリカの話を聞いて笑ってましたが、日本でもこれにちかい訴訟が増えてきそうですね。

いずれにしても、慣例化した事柄をもう一度見直す必要があるように思うのですが、これは当事者には判断できないから、第三者がしっかりとチェックとなりますね。
でも、該当業界を知ってる人がチェックしないと間抜けなチェックになりそうですね(;^_^A


これから、団塊の世代の退職された皆様が健全な社会づくりのため立ち上がって、企業をチェックするNPOでもできればいいですね。

ただし、地位や名誉、金をほしがる方の参加はやめてほしいですね…

もうそろそろ、自分の立場に固執することはやめにして、子供たちに胸をはって受け継いでもらえる社会を作っていきましょう!!(^v^)v


ビジネス アレコレ

フェリーを見直しました!!



広島から四国へ…
島なみ海道が開通してからは、車で四国に行く方が増えているのか、フェリーはガラガラです(^^;)

行きも帰りも車8台程度しか乗っていない…
人も10人くらい??

今回は広島、松山の往復を買ってのフェリーの旅でしたが、なんとも楽に松山の往復ができました。
島なみ海道を車で走ると結構時間もかかるし料金も高い!
その上疲れる…

もともと車の運転が好きでない私にとってはフェリーを選択したことは、ヒットでしたね〜!!!
広島→呉→松山で2時間40分
居眠りOK! パソコンで書類つくりもOK!

海をぼんやり眺めてもOK!
かわいい、乗務員さんの働く姿を見るもよし!

おまけに、足を伸ばして4人席を独り占め!!!

距離的には、四国松山まで2時間40分プラスの
高知市 約2時間半
高松市 約2時間

ってことですから、四国の場所によっては、広島から高速をず〜との方が少し早いかもですが、安全と時間を運転以外に使えるってことでお勧めですよ!

帰りの最後が高松だったら、夜四国から岡山に渡り、岡山泊りで音楽仲間と飲みたいってのもありましたが、今回は松山が最後だったので断念しました〜


四国に出かける方、フェリーを活用しましょう!!!!(^v^)v


ビジネス アレコレ

アイデアのサークルも13年目に入る!


私は、私を含めて5名の仲間と色んなアイデアを考えるサークルをやってまして、昨日話していると12年にもなるようなのです…(^^;)

これといった成果は上がっていませんが、みんなと顔を合わせるだけでもホットしますね。
ただ、売れてはないけど特許は6つくらい出してますよ〜!!
もち、弁理士に出す金がないので、特許出願書類は自分で書きます(^^;)

それで製品化はされてないけど売り上げは、20万円くらいです(^○^)/


12年前に、それまでやってたアイデアの相談会で知り合った6名で発足したのですが、発足時から居るのは私を含め3名…
他の方は、亡くなった方、仕事関係でうまくいかなかった方等で離れていかれました。

今の仲間もそうなんですが、どなたも全く仕事の関連等はないアイデアだけのお付き合いなんですね。
しかし、毎月を12年やって年に1泊旅行したり忘年会等をやってれば、なんでも話せる仲でもあるんです(^○^)


仲間の一人は「仕事関連の人との付き合いが多い中、別の世界の人と話せるのがいい」と言ってます。
毎回時間を調整して運営するのは結構大変ですが、今考えてみると大事な12年だったように思いますね。

何事も、やってる最中は大変だけど、やりながら進んで振り返ってみると思わぬ程の積み重なったモノがあるのに感激できるものですね。
長年の間に積み重ねたものは何物にも変えがたいってのは、積み重ねた後にわかるもんですかね??

よし!と思って何かを積み重ねようとしても、歴史は作れないですからね〜。

時間は無駄遣いできますが、取り戻すことはできないんですよね…




ビジネス アレコレ

個人情報保護ってありえない感じですね(^^;)



個人情報保護の問題はいろいろ言われているし、情報提供や販売等にかかわるHPでは個人情報の取り扱いに対するポリシーが書かれていますが、さてさてどこまで守ってもらえるものやら…

個人情報の取り扱いについては、一応書いてあるけどどこまで本気かってことはわからないですからね。
それに届いたお客様のデータを管理しているのが人ってことから言えば、データ管理がしっかりとなされているかなんでわかったものじゃないですね。┐(-。ー;)┌

大手の企業では、データの持ち出しに関してはかなり厳しくやっているようですが、中小企業は正直個人情報は漏れ漏れであると思っていた方がいいでしょうね。


それで、フリーメール等を使うことになるのですが、馴れてなきゃいくつもメルアドもってっても使い切れてないですね。


ってなことで、私はメルアド、名前はしかたないと思っています…
その上で、価値ある?と思われる情報を入手しています。
おかげさまで、メールには用もないメールが日に数十入ってきます…
以前は、迷惑メールに登録してましたが、切がないので最近は面倒になり一括削除!!!!(^^;)


関係ないところからメールが入り始めるってことは、個人情報の売買が行われているってことでしょ?

私も利用していますが、ブログを無料分析してくれるHPがあるのです。
時間別アクセス数、検索キーワード、検索エンジン、リンク元等々の情報が見られるのですよ。
無料でこれだけ見られるってことは、本気で見ればどこまで見られるか創造もつきませんよね。
イヤイヤ、登録しているブログの人気度の情報を集めることが、大金を生むネタになるってことを忘れてはなりませんね〜

個人情報の扱いも含めて、見えないところでしのぎを削る時代にネット音痴の我々は遊ばれるだけでしょうね…
そうして見ると、やっぱアナログなコミュニケーションがいいかな〜(^O^)v




ビジネス アレコレ

身近に外国人労働者が増えていますね〜!!



東京や大阪等に出張に行くと、店等で中国や韓国から働きに来ている人が結構居ますね。

日本で働くってのは良く聞いているので、何等不思議はないのですが、コンビニの店員さんに中国の方がいたのには、ちょいと驚きました…。

見た感じでは判断つかないので、いつも通りに買ってると言葉が…あれ??と名札を見れば日本人ではなさそう…

私の貧困なイメージとしては、POSレジとは言え複数の人が現金を扱う場所に外国人労働者って発想がなかったので驚いた次第なのですが、考え方が古いのでしょうね…(^_^;

これから少子化が進むので外国人労働者の割合が増えてくるとは思いますが、実際にどのあたりまで広がっていくんでしょうかね。
日本人が優位であるとの偏見ではないのですが、実際問題として日本の連帯責任的な考えからすると、身元保証人がしっかりとしにくい外国人労働者を仕事のどの範囲まで受け入れることができるのかを思ってしまいますね。

ただ今回の出張で驚いたのが、私たちのブースに日本語が話せるインド人がやってきて話していると、なんと!!日本の会社の社長だったんですね。それも地方の会社…

彼が起こした会社じゃなくて、彼が社長に抜擢された感じなんです…
これにはコンビニどころじゃない驚きましたね〜(^_^;

こんな感じで優秀な外国人労働者の受け入れが進めばいいですが、悪事を働く輩は排除したいもんですね〜!

さてさて、どう見極めるかが大きな問題ですね…
だってそうでしょ?
私たちの周りの日本人が善人だとは限らないんだものね〜
場合によっては、善人だった人が突然…

ってよくある話じゃないですか???


ビジネス アレコレ

まじで立て直すなら!


最近、企業の不祥事が多く出てますね〜

それで、トップが交代することになるのですが、次のトップも同じ会社の役員が選任されていますが、どうなんですようかね??

図体が大きくなった会社は、組織自体が淀んでしまっている場合が少なくないですよね。
膿を出すのに淀んだ組織の中からトップを選ぶって、結局同じような体質のまま問題を処理しているなんて、素朴に考えればナンセンスですよね。

特に、社会のインフラを支えるような位置づけのマンモス企業は、不祥事が発生した時点で同社に関係のない新しい血を入れるべきだと思いますね。


いつも、また責任回避のうやむや人事かと…ちょいとうんざりです(^_^;


企業の社会責任が厳しく言われている今、問題を起こした企業はまた、問題を起こすんじゃないですかね??
そう、三菱トラックみたいにね。


でも、手に入れた地位や名誉、金を手放すのが怖いのか、いつまでも今の立場にしがみついている高齢者??が多すぎです。

物事を成した方なら、後は若い人にまかせて、余生は悠々自適に過ごしてほしいものですね〜(^^)v



★余談
生活雑貨・美容・健康・ダイエット・テレビショッピング・CD・DVD・ゲーム・等々、ショッピング通販オンリースタイル『生活雑貨』
でお買い物してみるといいかもですよ!


ビジネス アレコレ

リアカーの時代がやってきた!

最近話題になっているのがリアカー

もう一つは、電動アシスト付きの自転車!

排ガス出さずに汗を出せ!って時代ですね。

駐車禁止が厳しくなった首都圏では、宅配便でリアカーが使われ始めてます。
この傾向は、地方都市にも広がっていくのでしょうが、汗をかきながらリアカーをこいで荷物を運ぶ人たちが珍しくない時代はもうすぐですね(o^ ^o)

電動アシスト付き自転車は、荷物を運ぶ方じゃなくて事務機器の保守点検や営業スタッフが使うそうです。

この当たりのビジネスはブレイクしそうですね(^^)v


リアカーは、軽量リアカーに電動アシストを付けて、スタッフの労力軽減を図る大手宅配企業に対して、九州の軽量リアカーで店の立て直しを図っている町の自転車屋さんが提供しているようです。

ちょいと前までは、リアカーを作るって言うと笑われたかも知れませんが、時代は繰り返すってもんなんですかね?
固定概念を外して一昔前を振り返ってみれば、今に通じるビジネスがありそうですね。

もちろん、昔の商売を進化させた形であったり、商売の考え方を流用したりしなくちゃいけませんがね。

ただ、これはいけるかな???

と思い立ってから実際に行動できるかが問題ですね。
多くの場合、進みすぎてるアイデアは回りの反対も多いものですが、そんな中どこまで自分が信じれるか、信念を持てるかってことになります。

100人の人が信念もってやっても、成功する人は一つまみなので踏み込めないってのもわかりますよね…
その上、いつ花が咲くかもわからないわけですから…

私は、軟弱ですから突っ込めないタイプですね( ̄∀ ̄;)汗


こんな時代だから、誰かのアイデアを「そんなモノはダメじゃ、上手くいくわけない!」とか「どこかで上手く行ってるのか?」なんてことを軽々しく言ってはいけませんね。

新しいアイデアに対して「どこかで上手く行ってるのか?」な〜んて、自分の見る目に自信のないことを露呈する最悪の返事ですよね(^_^;


省エネ、省資源、軽減…に関する企業の取り組みに対して、その一部をフォローできる製品やサービスがこれから注目されてくるのではないでしょうか??



小さな会社だってチャンスをつかめる時代かも…(^^)v


ブログランキングに参加してます。よかったら↓をクリックして
応援してくださいね
blogranking

===============================
●ナショナル/パナソニックアルフィット ビビ電動自転車

・4機能手元スイッチ採用
・パワーモード搭載で、標準モードと2段切り替え
・明るいバッテリーランプ
・登坂力:20%UP!!
・走行距離:10%UP!!
・軽くて、サビに強いアルミフレーム
・バッテリーは充電器に置くだけで簡単に出来ます。
===============================

ビジネス アレコレ

坪ビジネスって坪効率が凄い!

2坪くらいの店舗でものすごい売上を上げている商売を「坪ビジネス」って事で紹介してました。
たこ焼き屋、花屋、コロッケ屋、合鍵・靴修理…
なんとも凄いですね〜(o^ ^o)

東京で階段の下に立ち食いソバの店があったのを思い出しましたが、東京ならではの商売って感じてましたね。
ナゼが、雑踏の中の小店舗は似合う???(^_^;

さて、その内容はニッチビジネスと言うよりも、ニッチスペースの活用みたいな感じですね(o^ ^o)
でもその中には、多くのノウハウがあるのでしょうが、そこはチョロリとなめただけで終わってました…
そりゃ当たり前か…

店舗って、店の形態によってちょうど良い店舗スペースがあるようで、ある焼き鳥屋さんは、焼き鳥屋のワイワイしたイメージを大切にするために、広い店舗の半分しか店舗にしないとか聞いたことがありますが、確かに10人くらいでニギニギしくやってる店の方が、旨そうなイメージがありますよね(^_^;
これだって、最初に考えた人、気づいた人って凄いよね。
お金出して借りてる店舗をあえて空きスペースで殺してしまうんですからね…

坪ビジネスってのも、最初から狙ったものか、予算を削るために出た苦肉の策からのアイデアなのか??
以前大きな店舗での失敗を見て、小型、小スペースのビジネスを考えた社長が出てたような記憶がありますが、アイデアの出所はそれぞれ違うんでしょうね…

でも、どの会社も店舗数を増やし、会社によっては海外進出をしているそうな…
一つ成功すると、どうしても拡大したくなるんですかね??
前年比を追っかける考え方の強い社会がまだ続いているからなんでしょうかね??
それとも成功者の性ですかね??

ある1000億を超える売上がありながら、上場していない無借金経営の会社があると聞いたことがありますが、拡大路線に乗らない勇気も凄いですよね〜

そんなこんなをボーと思いながらも、あの発想力、実行力がなきゃ出来ないんだろうな〜っと…時間が無駄に通り過ぎる一日を過ごしてました…

コリャ、ダメだね(-。-;)ボソッ

ブログランキングに参加してます。よかったら↓をクリックして応援してくださいね
blogranking

ビジネス アレコレ

個人情報の転売??

個人情報の取扱いが色々言われてますが、横流しは当たり前って思わないといけない感じですね(^_^;

昨日、高校生講座を教育テレビでやってましたけど、どうやっても漏れていきますよね。
どうしても、個人情報を守りたければ何もしないことかな??

アフィリエイトの関連で、色々な所に入会したり登録したりしましたが、ナント、ナント毎日50通以上のメールがやってきます!( ̄∀ ̄;)汗

中には、個人名が入って「●●さんに絶対得する情報を」とか、「●●さん、こんど会ってもらえませんか?」とかまで来ます!!

おう、おうたろうじゃないか!広島まで来(こ)いや!!!
注:会ってあげるから、広島まで来てね!って意味(^_^;

って思ったりしてます…

そんでもって、迷惑メールをいちいち登録して、迷惑メールボックスに行くようにしてたのですが、なんせ量が多いし同じメールがちょっと違ったアドレスで来たりで面倒になったので、一括削除!!!!!!

でも、必要なメールまで…( ̄∀ ̄;)汗

メールの解除も、メルアドと名前を入れろとか…
これって次に回されるんじゃないかと思い、削除、削除!
の毎日です(×_×;)

ホント迷惑ですね〜!!
皆さん、ネット上の個人情報は、守られないってことを前提に覚悟してやりましょう!
大切なモノの登録以外は、フリーメールを使いましょう!!

大企業は大丈夫なのかな??
大企業のエエ加減さも多々出ているので安心はできんね(×_×;)


ブログランキングに参加してます。よかったら↓をクリックして応援してくださいね
blogranking

ビジネス アレコレ

また新しいwinか…

ウィンドウズの「ビスタ」が出たそうですね。
ついこの間、XPが出て今度は「ビスタ」…こんなに頻繁に変わっては厳しいですね〜。
ビスタ」は、ネット広告で圧倒的な強さを誇るgoogleが脅威になって、googleを意識した製品づくりになっているとか…

良くわかりませんが、テレビとパソコンの融合については、納得できますよね。キーボードのいらないパソコン操作って言うのは、テレビのリモコンでパソコン内のコンテンツを探し出すことが出来るってこととか…
いよいよ、コンテンツ不足になるんじゃないですかね。
これかの新しい情報の流通は、プロから与えられるだけじゃなくて、個人の知識やセンスで簡単に作品が作られる時代に対応して、情報配信会社が個人の作成したモノを運用してコンテンツ不足を補う企業が勝つことになるんでしょうね。

のど自慢を見てても、下手なプロよりも上手い素人が沢山いますからね…
この当たりを考えると儲かるかもね(^^)v

さてさて、現実としては中年おやじがこんなんを追っかけていたら、身が持たんですね。
win使用歴半年で、winのパソコンに馴れるのが精一杯の私にとってはいい迷惑だわ(^_^;

結構、OSが替わる、新製品が出るのが遅いMACも新しいのが機種が出るとか。
昨年、お店で聞いた時には、まだ新機種が予定はないって言ってたような…
元々数年は新機種が出なかったMACだったのに、今回出るなら2年くらいのスパンしかないってことじゃないかな??
i-podの人気で勢いづいてきたのかな??
パソコン市場についていくためかな??
と言う事は、私のMACはかなり骨董品ってことになるんだろうな…

ここまで、パソコンが一般化すると基本ソフトメーカーに振り回されてしまいますね。
ほとんどの人が選択肢もなく、付いてゆくしかないってことでしょ??

最後には、コンピュータのマザーに支配される人間ってのも映画だけの話じゃなくなりそうですね…( ̄∀ ̄;)汗



ブログランキングに参加してます。よかったら↓をクリックして応援してくださいね
blogranking